お部屋の雰囲気に合わせて選ぼう

お部屋にペンダント照明があると、ぐっとオシャレ感が増しますよね。でも、いざ照明を変えようと思っても、デザインや種類が豊富すぎてどれを選べばいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。照明って、デザインだけでなく色味もあって、それだけで雰囲気も変わってしまいます。せっかくの照明選び、失敗しないためのポイントはお部屋の雰囲気に合わせて選ぶこと。和風・欧米風・アジアンなど、テイストを絞って探してみましょう。通販などで選ぶと、テイストを絞って探せるので選びやすく、画像などから雰囲気も伝わるのでさらにイメージが膨らみますよね。ペンダント照明をつける部屋の雰囲気を画像でも探しながら選ぶと、イメージ通りの仕上がりになるのではないでしょうか。

見た目はもちろん実用性も考えて選びましょう

ペンダント照明って、おしゃれなものが多いので、ついつい一目ぼれして選んでしまいがちですが、そこはぐっとこらえて実用性も兼ねましょう。ダイニングだと、白熱灯の照明器具が料理をおいしく見せてくれるのでオススメです。子供部屋にはやはり、目の事を考えて明るさを考慮しましょう。リビングルームは家族や友人が集う場所。照明が絞れるものがオシャレに使えるのではないでしょうか。ホームビデオを観るときや、ゆっくりとお酒を飲む時など、照明を絞るとぐっと雰囲気が変わり、気分も盛り上がりますよね。子供たちが集まってみんなでワイワイする時は、明るく賑やかさが増して、楽しい思い出を作れることうけあいです。寝室などのリラックスする部屋は、自分好みのデザインで選んでみるといいかもしれません。とにかくデザイン豊富な照明器具。通販などで価格やデザインを絞って探すと、お気に入りの照明器具がきっと見つかるはずです。

素材でさらに雰囲気が変わります

ペンダント照明を選ぶとき、素材も大切なポイントです。木製のものは暖か味を感じさせてくれて癒し効果もありますよね。ガラス製のものは、スタイリッシュでゴージャスな雰囲気ですが、重量もあり注意が必要です。布製のものは、ほんわかとして優しい印象が魅力です。汚れには弱いかもしれません。アクリル製のものは、加工がしやすいことからデザインが豊富です。ガラスに比べて光の反射は弱いですが、取り扱いもしやすいのではないでしょうか。和紙は何ともいえない優しい雰囲気が人気です。性質上、衝撃には弱く汚れても拭き掃除などは出来ませんから、優しく扱ってあげましょう。長く付き合うためには、掃除の事なども視野に入れて扱いやすいものを選びたいもの。通販などで選ぶときは口コミなども参考に、実用性も心も満たしてくれる照明を見つけやすいのではないでしょうか。

記事を共有する